お金をかけずにお肌ケア

お肌ケアはしたい。でもお金はなるべくかけたくない。

なので、私は古式ゆかしい「ぬか袋」を愛用しています。

きっかけは、京都のお土産にぬか袋をもらったことでした。使い心地がとてもよく、しっとりすべすべの洗い上がりに感激しました。

ぬかはお米屋さんや農協で安く分けてもらえます。もし近所ににコイン精米所があれば、無料でもらってくることだってできます。

袋用の布には、日本手ぬぐいで洗顔をするとお肌にいいという話を聞いていたので、和手ぬぐいを使うことにしました。

(最近の100円ショップの手ぬぐいはちょっと布の質が違うので、お勧めできません。

 リサイクルショップやバザーに行くと、昔ながらの和手ぬぐいをゲットできる確率が高いです。)

直径8センチ程度のきんちゃく状の袋(サンタさんの袋を想像すると分かりやすいと思います)を作り、それにぬかを入れてお風呂に放り込みます。

お風呂のお湯も肌に柔らかな感じになり、全身すべすべになりますよ!

最後に注意点を一つ。ぬかは1回ごとに交換しましょう。サラフェ

どうしてもパンダになってしまうアイライナー

私はアイラインを引いてもすぐ落ちてしまい悩んでいます。

ある日、外出時にしっかりと書いてあったアイラインが数時間して鏡を見ると落ちていて目の下が黒くなっていてパンダのようになっていました。その時はどうにか黒くなっている部分を拭いたりして落としたのですが、また別の日にも同じようになり周囲の友人達にも「目の下黒いよ」とまで言われる始末。最初は落とせばいいやと気にしていませんでしたが、周囲に言われるようになるとさすがに恥ずかしくなってきました。

元々、化粧品には疎くてあまり興味がなかったのでアイライナーも安いものを使用。それが原因かと思い、自分なりに色々調べてネット上で落ちにくいと口コミの多いものやリキッドのアイライナー、ウォータープルーフタイプのものなど購入して試してみたのですが、それを試してみても時間が経つとやっぱり目の下が黒くなってきてイマイチ効果がありませんでした。

自分の肌質やファンデーションとの相性もあるのかなと思い始めてきたので、これからもまたアイライナー探しを続けようと思います。白漢 しろ彩